ZHE日暮里外国語教室

世界を見るあなたへ送るスペシャルプレゼント
http://zhe.nippori-school.com/

2012年08月13日

随筆02-「医学先生」

中国で風邪を引いたら、私の小さい時は母にいつも飲まされたのは「去疼片」と「扑热息痛」でした。聞くだけで、痛みがきっと去って行って、熱も沈ませて、治まる感じです。最近は痛み止めくださいと言うと母は「对乙酰氨基酚片」を持ってくれました。痛み止め薬が現在は名前が変わって「对乙酰氨基酚片」
12.08.13 对乙酰氨基酚片(痛み止め).jpg
演劇調べたら、http://baike.baidu.com/view/220089.htm 確かに解熱鎮痛剤でした。未来の未来には薬と病気に詳しい「先生」がこの日暮里外国語教室にいてほしいです。小・中・高学校では義務教育として「医学」必修科目にしてほしいです。
現在私が通っている中学校は4年になっています。外国語は日本語以外、英語が増えて2つの外国語が必修科目の同時に「パソコン」も必修科目になってました。
タグ:随筆
【■ 【随筆】の最新記事】
posted by zhe at 05:15| Comment(0) | ■ 【随筆】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: